住宅ローンの支払いが厳しくなったら|乗り換えを検討しよう

家の模型

物価下落を利用して

一軒家

住宅を建てるなら、今が最後のチャンスかもしれません。「また、怪しいセールストークか」なんて声が聞こえてきそうです。しかし、これは客観的事実からそう言っているのです。今の日本は、デフレーションで、毎年安定的に物価が下落しています。物価が下落しているということは、建築需要も少ないし、土地の価格も安いし、建築資材も当然安いのです。これは、どういうことかというと、工期が短くて、さらに価格も安めで注文住宅が購入できるということです。なぜ、それがラストチャンスなのかというと、日本政府がインフレ政策を取っているからです。このままデフレが続けば、住宅をススメることはありませんが、これから物価が上がり始めるという時なら話は別です。今、安くて、早いうちに、注文住宅を建てるべきなのです。当然、注文住宅には多くの条件があるので、最終的な形は慎重に考えたほうがいいです。しかし、この最後のデフレ年と逃せば、高くて、遅い注文住宅となるでしょう。また、そんなことを言っても、住宅投資するお金がないと言われてしまいそうですが、それも不動産担保ローンを使えば問題解決です。不動産担保ローンとは、対象の不動産を担保に入れてローンを借りていくというものです。これからインフレになることを考えれば、不動産担保ローンなら、担保価値が高くなるのでオススメです。不動産担保ローンは、インフレ期にこそ真価を発揮するローンです。