住宅ローンの支払いが厳しくなったら|乗り換えを検討しよう

家の模型

メリットとリスクを考える

アパート

注文住宅を建てる際に、その住宅投資資金を不動産担保ローンで獲得することをオススメしてきました。そこで、今回は不動産担保ローンのメリットとリスクについて解説していきます。不動産担保ローンのメリットは、その借入額が大きく取れるという点です。それは、借りる当人の信用力に加えて、不動産価値による担保があるので、銀行もある程度リスクを取れるのです。従って、不動産価値が高ければ高いほど、より大きな資金を借りられるということになります。また、大きなメリットとしては、長期的かつ低金利という点です。いよいよ返済が不可能になっても、不動産売却益があるので、ある程度有利な条件で資金を借りられるのです。このローンに含まれるリスクとしては、何があるのかというと、担保にいれた不動産価値です。この担保が、不幸にも売却時に安くなっていれば、ローンを完済することができないかもしれません。また、このローンには、別途コストがかかります。担保の登記にかかるコストと、さらに不動産価値の調査料などです。何でもそうですが、できるだけ自分の預金を厚めにつけて、借り入れは最小限にしましょう。このように工夫することによって計画的にマイホームを建てることができ、返済も円滑に進めていくことができるといえます。